自炊レシピ

紅茶のシフォンケーキ

材料

卵黄生地
  • 卵黄(3個分)
  • 薄力粉(70g)
  • サラダ油(55㏄)
  • 紅茶のティーバック(2個)
メレンゲ(卵白生地)
  • 卵白(4個分)
  • 砂糖(60g)
器具
  • シフォンケーキ型(17㎝以上)
  • ボウル(2個)
  • オーブン
  • 粉ふるい
  • ハンドミキサー
  • 泡だて器
  • ゴムベラ

手順

1、事前準備する
  1. カップ1杯にティーバックを2個使って濃い目の紅茶を入れてよく冷ます、ティーバックは取っておく
  2. 使う器具を全部用意する
  3. 薄力粉と砂糖は計量してお皿に取り分けておく
  4. ふたつのボウルに、卵黄3個と卵白4個を取り分ける(余った卵黄1個は何か別の料理に使う)
  5. 卵白を入れたボウルにラップをして冷蔵庫に入れておく
  6. オーブンを180℃に予熱する
2、卵黄生地をつくる
  1. 卵黄が入ったボウルをとる
  2. 卵黄をつぶし、泡だて器でよく混ぜる
  3. よく冷ました紅茶65㏄を、生地を混ぜながら加える
  4. サラダ油55㏄を、生地を混ぜながら加える
  5. 紅茶のティーバックを開いて、中身の茶葉を入れてよく混ぜる
  6. 良く混ざったら、薄力粉をふるいながら入れる
  7. 粉が混ざるまで泡だて器でよく混ぜる
3、卵白でメレンゲをつくる
  1. 卵白が入ったボウルをとる
  2. ボウルに、量った砂糖の3分の1程度を入れて、ハンドミキサーで混ぜる
  3. 卵白が泡立ってきたら、追加で砂糖3分の1を加えてよく混ぜる
  4. 卵白が更に固くなったら、残りの砂糖を全部加えてさらによく混ぜる
  5. 持ち上げた時にしっかりと形が残るくらい固くなるまで混ぜたらOK
4、生地を混ぜる
  1. メレンゲの3分の1を取って卵黄生地にいれ、泡だて器でムラがなくなるまで混ぜる
  2. またメレンゲの3分の1を取って卵黄生地に入れ、泡だて器でムラがなくなるまで混ぜる
  3. メレンゲの最後の3分の1を卵黄生地に入れ、さっくりと混ぜる
5、焼く
  1. シフォン型に生地を高めの位置から落とすように流し入れる
  2. 型を数センチ持ち上げて作業台に落とし、空気を抜く
  3. 型を余熱が済んだオーブンに入れ、180℃で30分焼く
  4. 焼けたら型を逆さにして冷ます
  5. 冷めたら型から取り出して完成

コメント

紅茶のシフォンケーキです。

何度も作った経験上、失敗しないポイントは計量を正確にすることと、メレンゲをしっかりと固く作ることです。

特にメレンゲは、混ぜすぎかな?と思うくらいまでしっかり固くするようにしてから失敗率が下がりました。また、卵白が冷えている方がよくメレンゲが立つので、卵黄生地を作る間に冷蔵庫でしっかりと冷やしておくのも大事です。冷凍庫でもいいくらい。

メレンゲが弱いと、焼いたあとにしぼんでしまいます。

うまくできればばしっとりふわふわな最高のシフォンケーキになります。おいしい。

ひとつ分余った卵黄は適当に牛乳と砂糖を加えて加熱してプリン的な感じにして食べてます。他にも醤油漬けにしたり他の料理に使ったりして消費しています。

ただ生卵なので衛生状態には注意が必要なので、ちゃんと加熱するか、生のまま食べるならケーキを作る前に消費した方がいいです。割った後しばらく置いておいてから生で食べるのはやめましょう。

タイトルとURLをコピーしました