イラスト

【Gravit Designer】図形ツールでイラストを作ってみる

イラスト初心者の私が、無料のベクター形式デザインソフト「Gravit Designer」を使ってイラスト制作の勉強をしていきます。

前回はベクターイラストと使用するソフトについて調べてまとめました。

今回は、まず単純な「図形ツール」の使い方を覚えて簡単なイラストを作ってみたいと思います。

スポンサーリンク

図形ツールを覚える

まずは図形ツールの使い方です。

図形ツールは編集画面の上部にあるツールバーにある四角と丸が重なったアイコンです。マウスを合わせると「図形」と表示されます。

クリックすると、

  • 直線
  • 長方形
  • 楕円形
  • 多角形
  • 三角形
  • 星形

を選択することができます。

まずは使ってみる

さっそく図形ツールを使ってみましょう。

「楕円形」を選んで、キャンパス内に適当にクリック&ドラッグします。

すると灰色の丸い図形が出てきました。

青い丸や白い丸の部分をドラッグすることで変形させたり回転させたりできます。WordやExcelの図形ツールと一緒ですね。

色を付ける

続いて、この図形の色を変えてみます。

編集画面右側の「塗りつぶし」の欄を見ていきます。

左側の丸い部分をクリックすると、色を選択することができます。

とりあえず適当な色を付けてみました。

こうなります。

枠をつける

図形の縁を塗ることができます。

先ほどの塗りつぶしのすぐ下にある「境界線」をクリックします。

先ほどと同じように色を選択し、色の隣の数字の欄で「太さ」を指定できます。とりあえず適当に色と太さを入力してみました。

すると、図形に枠線が付きます。

こうなりました。

他の図形も同様に使うことができます。

複合シェイプを覚える

次に「複合シェイプ」というものの使い方を学びます。

複合シェイプは、こちらの黒い四角が重なっているアイコンです。複数の図形を同時に選択して使用します。

クリックすると、

  • ウェルド(溶接)
  • サブトラクト(差分)
  • インターセクション(交差)
  • ディファレンス(差異)

という項目が表示されます。

これは、下のように重なっている複数の図形を、元の図形の情報を維持したままで合体したり切り抜いたりできる機能です。

それぞれの効果は以下のような感じです。

  • 溶接……図形を合体させる、線が外周部分のみになる。
  • 差分……上側の図形の形に下側の図形をくり抜く。
  • 交差……重なった部分だけ残す。
  • 差異……重なった部分だけくり抜く。

イラストを作ってみる

まずは、以上の機能だけをつかって簡単なイラストを作ってみましょう。

いろいろ触りつつパッと思いついた絵を描いてみました。

パックマン(黄色い楕円を三角形でくり抜き)
お花(おしべの部分は楕円を重ねて差分でくり抜き)
雲と傘

こんな感じになりました、どうでしょうか。

シンプル、とてもシンプルなイラストですが、初めてのイラストができました!

まだ機能をちゃんと使えているわけではないので全然凄いものではないですが、ひとまず「イラストを作る」ということをできたのが嬉しいです。

今回はここまで、ゆっくり勉強しながら上達を目指していきましょう。

続きはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました