イラスト

【Gravit Designer】図形を変形させて使ってみる

前回、図形ツールで作れる図形を使って簡単なイラストを作成しました。

今回は図形を変形させる機能を覚えたいと思います。

スポンサーリンク

図形ツールで作った図形の形を変える

図形ツールで作った図形は変形させることができます。

各図形ごとに、ひとつずつ機能を確認していきましょう。

長方形

長方形は、角の形を変えることができます。

実際にやっていきます、まずは普通に長方形を作ります。

この長方形を更に選択すると、四隅に赤いポイントが出てきます。

(ツールバーの矢印アイコンにある部分選択ツールを使う・図形を選択した状態でEnterキーを押す・図形をダブルクリックするなどの操作で表示されます)

この赤い方のポイントをドラッグすることで、角の形を変えることができます。

デフォルトでは角が丸くなる設定になっているので、ポイントを内側に引っ張ることで四隅が丸まります。

角が丸くなりました

こちらは、画面右側の「外観」の部分でも操作することができます。

「外観」の枠にある「角の大きさ」の部分の数字を変えることで角の丸まり具合が設定できます。

また、角の大きさの欄にある「詳細設定」のボタンを押すと、角の形を変えることができます。種類は主にこんな感じ。

また、同じ「詳細設定」のボタンから角ごとに別々に変形させることもできます。

これでだいぶ自由な形にできそうですね。

楕円形

楕円形は、一部をカットされたような形にすることができます。

先ほどの長方形と同じように選択をすると、一か所に赤いポイントが出てきます。

このポイントをドラッグすると、ポイントを円周上で移動させることができます。すると、次の画像のように最初の位置と移動させた位置の二か所にポイントがある状態になります。

デフォルトでは扇形になる設定になっているので、中心点からポイントに向かっての直線に沿ってカットされるような形になります。

長方形の時と同じく、画面右側の「外観」の欄から形状を変えることができます。

こちらは、「開く」「閉じる」「扇形」の3種類があります。

「扇形」は前述のように中心点からポイントに向かって引いた線でカット、「開く」と「閉じる」はポイント同士を結んだ線に沿ってカットされた形になります。

「開く」と「閉じる」の違いはカットされた部分が線で繋がっているかいないかです。図形に枠線をつけると分かりやすいですね。

多角形

多角形は、角の数を変えたり星形のように各角を尖らせることができます。

多角形を選択すると、角と各辺の中点にポイントが付いています。

このポイントは「角のポイント」と「辺の中点のポイント」でグループ化されていて、一か所をドラッグすると同じグループのポイントが同時に動きます。

このように、ポイントを動かすことで星形や手裏剣のような形に変形することができます。

また、画面右の「外観」の欄の「頂点の数」という部分で頂点の数を変えたり、「角の大きさ」の設定で前述の長方形と同じように角の形を変えたりすることができます。

これを使うことで様々な形を作ることができそうです。

こんな感じの図形を作ることができます。

これらを使ってイラストを作る

次は、これらの機能を使ってイラストを作ってみましょう。

前回はとりあえず図形を並べてみただけでしたが、今回はお題を決めて見本を見ながらお絵描きをしてみたいと思います。

手近にあって、四角や丸のパーツで構成できそうで、適度に描きやすそうなもの……ということで、最初はこれを描いてみました。

Nintendo Switchです。

パーツを並べただけですが、一目見てswitchだと分かるレベルには描けました。なかなか良いのではないでしょうか。

まだ慣れていないせいか、これを仕上げるまでにかなり時間がかかりました。クオリティも気になりますが、まずしばらくはこんな感じで模写を重ねて作業に慣れることを目指そうと思います。

タイトルとURLをコピーしました