食材

ホッキ貝を自分で捌いて食べた

私の大好物のホッキ貝、貝のまま売っていて安くなっていたので捌きました!

ホッキ貝の殻はシンプルに普通の2枚貝な見た目をしています。ハマグリを更にデカく、かつ丸っこくした感じです。

捌く手順

中身の左右2カ所に貝柱があるので、まずはそこを切り取って貝を開いていきます。

生きたホッキ貝を買ってきた場合はだいたい水管を伸ばしていると思うので、まずはその水管の隙間から貝殻の内側に沿ってぐっとナイフを入れて、水管側の貝柱を切り落とします。

片側の貝柱が切れたらそこから貝がちょっと開くので、そこから反対側の方にもナイフを入れてもう一つの貝柱を切ります。

左右の貝柱を切り落としたら貝がパカっと開きます。

貝が開いたら身を取り出し、舌みたいな部分とヒモと内臓(食べない部分)に取り分けます。手で簡単に引き千切れます。

ヒモについている黒い部分も手や包丁で丁寧に取り除いていきます。

切り分けました。内臓部分は見た目がアレなので自主規制。

次に、この身の部分を切り開いて中のワタを取り除きます。

白い方から半分くらいまで包丁を入れて本みたいな形に開き、中身の黒いワタをしっかりと取り除きます。

開きました。

この後、ぬめりを取って水で洗い、キッチンペーパーでよく水気を取ったら完了です。

この後は料理に合わせて切り分けて調理していきます。

このときはこのまま刺身になりました。

最高ですね。おいしい。北国に嫁いでよかった。

よくお寿司屋さんなどで見かけるホッキ貝は加熱されていてピンク色になっているものが多いですが、生の状態だとみての通り黒い身をしています。

この状態のホッキ貝が最高においしいんです。大好き。でも生のホッキ貝ってお店だとなかなか無かったり高かったりするんですよ。

と思ったらこちらでは結構頻繁にスーパーで安く売っていて、こうやって自分で捌いて簡単に家で食べられるので、ほんと最高。

 

お魚と同じように、自分で捌いた場合は貝殻や内臓などの廃棄する部位がたくさん出るので、できればゴミの日の前日にやると効率的。そうでない日の場合はしっかりと袋に入れてゴミの日まで冷凍庫に入れておくと変な臭いも出ずに済みます。

タイトルとURLをコピーしました