イラスト

【Gravit Designer】ペンツールでベジエ曲線を使う

お絵描き初心者のイラストとGravit Designerの勉強の記録です。

今回は、ペンツールとベジエ曲線の使い方について学びます。

スポンサーリンク

ペンツールとは

まずはペンツールについてです。

ツールバーの図形ツールの隣にあります。

これです

直線を引く

まずは直線です。

ツールを選んでクリックすると直線が引けます。

Enterキー、ダブルクリック、または始点に繋げて線を閉じると止まります。

曲線を引く

ペンツールでは、ドラッグすることで曲線を引くことができます。

ペンツールを選択しドラッグすると、このような青い線が出てきます。

この線は曲線の方向や曲がり具合の強さを調節するためのガイドみたいなもののようです。

適当なところでマウスを離すと離した場所でガイドの線が固定され、描写するメインの曲線が出てきます。もう一度クリックすると曲線が描かれます。

この先も同様に、クリックしてすぐ離せば直線が、ドラッグすれば曲線が出てきます。

また、直線と同じくEnterキー、ダブルクリック、または始点に繋げて線を閉じると止まります。

この曲線を調整する線や始点・終点などは、後からも動かせます。

この曲線を調整できる線を「ハンドル」、始点や終点などのクリックしたところの点を「アンカーポイント」と呼び、このような方法で描写される曲線の事を「ベジエ曲線」というそうです。

試し描きしてみる

直線と曲線を使って試しにちょっと簡単な図形を描いてみました。

かわいい三次関数のグラフです。曲線と言えばこれですね。

あっ、原点Oとxとyの表記を忘れました。大目に見てください。

曲線部分のアンカーポイントは3カ所、ハンドルはこんな感じです。

私がまだ初心者だからなのか、ペンツールで直接思い通りの曲線を引くことがうまくできません。上記のグラフは一度適当に曲線を出してからなんとか調整しました。

どう動かしたらどんな線になるのか、ほぼ直感的に「なんとなく」で作った感じです。このままでは利用するのは難しい。

これはちょっと勉強と練習が必要になりそうです。もう少し詳しく見ていきましょう。

ハンドルについて

ハンドルの操作について詳しく調べていきます。

まず、分かりやすいようにこのような単純な曲線でハンドルがどうなっているのか調べます。

左側の末端のアンカーポイントを選択してみました。

ハンドルはひとつのアンカーポイントから双方向に伸びています。

アンカーポイントから曲線と反対側に伸びている方のハンドルを適当に動かしてみたところ、曲線の形には影響がありませんでした。

アンカーポイントから曲線側に伸びている方のハンドルを動かしてみたところ、曲線の形がハンドルに合わせてこう、ぐにゃっと曲がりました。

右側の点でも同様に、片側のハンドルだけが曲線に影響していました。

このことから、ひとまず「ひとつの曲線は、ふたつのアンカーポイントから曲線に向かって伸びている2本のハンドルで制御する」と考えてよさそうです。いいのかな。

じゃあ反対側に伸びてたハンドルはなんなのかというと、線がもっと先まで続いた場合の次の曲線に影響する部分になります。

アンカーポイントとハンドルについて

Gravit Designerでは、アンカーポイントを選択すると「結合」という設定が出てきます。

この「結合」には、

  • 直線
  • 対称
  • 非接続
  • 非対称

の4種類があります。

この設定を変更すると、アンカーポイントから出るハンドルの動き方?を変えることができます。

直線」では、アンカーポイントからハンドルが出てきません。

対称」では、アンカーポイントから出る双方向のハンドルが、正反対の方向に一直線で同じ長さに伸びます。要するに対称に伸びます。

非接続」では、アンカーポイントから出るハンドルを、反対側のハンドルの干渉なしで個別に動かせるようになります。

非対称」では、アンカーポイントから出る双方向のハンドルを、角度は正反対の方向に一直線のまま異なる長さに動かせます。

真ん中の3つのポイント、左から順に「対称」「非接続」「非対称」です。

これによって曲線を思いのままに動かせるようになっているようです。

具体的にどれをどのように使うとどうなるのかは、使いながら少しづつ体感的に覚えていくのが良さそうですね。

イラストを描いてみた

とりあえずペンツールについて分かったことはこんな感じでした。

最後に、これらを使って簡単なイラストを描いてみました。ハート型です。

アンカーポイントとハンドルの構造はこんな感じです。

アンカーポイントの接続の種類は、一番上の2カ所が「対称」、上のくぼみの部分が「直線」、下の角の部分が「非接続」です。

これが正しいとかそういう正解的なものはないと思いますが、とりあえずこのつくりでハートになりました。

適当に色を付けて配置したのが冒頭のアイキャッチ画像になります。

この機能を使いこなすことができれば、前回の図形ツールのみで形を作るよりもずっと自由にイラストを描くことができるはずです。

最初は簡単な図形から、少しづつ複雑なイラストが描けるように練習していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました