イラスト

【Gravit Designer】プロフィール画像を描きました【初心者】

ブログに使う用とイラストの練習を兼ねて、プロフィール画像を描きました。

今回は、図形ツールだけではなくベジエ曲線を使っていきます。

スポンサーリンク

パーツ構造

まずはパーツの構造です。

ざっくりと分けると、

  • 頭と前髪
  • 髪の毛
  • 両手

の4つのパーツで出来ています。

重なって見えなくなる部分はちょっと適当になっていますが、最終的には見えないのでたぶん大丈夫。

頭と前髪

まずは頭部の構造です。ひとつのパーツで出来ています。

アンカーポイントはこんな感じ。

描き方

1、まず直線でざっくりと描く

最初は、ペンツールで適当に形を作ります。

最初から曲線でうまく形を作ろうとしても難しくて上手くいかなかったので、まずは全て直線で描き出しました。

前髪になるジグザグを描いたのち、上部に2カ所ポイントを打って繋ぎます。

直線でおおまかな形を作ったら、アンカーポイントを切り替えて線を調整していきます。

2、頭頂部をつくる

次に、頭頂部を作ります。

右上と左上のアンカーポイントを選択し、結合を「非対称」に変えます。

画像で赤く囲ってある部分です。

それぞれのアンカーポイントと、そこから上に伸びているハンドルをいい感じに動かして、頭頂部の形を調整しました。

真ん中にアンカーポイントを付けず大きな弧にしたので、綺麗にまるっとします。

ハンドルがキャンバスからはみ出してますが、たぶん問題はないです。

3、前髪をつくる

続いて、前髪をつくります。

前髪のギザギザの、上の方の部分のアンカーポイントを「非接続」に変えます。

画像で赤く囲ってある部分です。

ギザギザの下の方は「直線」のままにしておきます。

ギザギザの上の方のアンカーポイントから伸びるハンドルをいい感じに動かして曲線を作り、イラスト的な前髪の形に調整していきます。

4、全体的に調整する

ある程度曲線が整ったら、バランスを整えて色を付けて頭部の完成です。

前髪の横の部分のアンカーポイントが「直線」のままだとカクっとしていたので、「対称」に変更しました。

カクっとしたままでもイラスト的に変というわけではなかったので、この辺は好みでどちらにしても良いと思います。

他のパーツを作って合わせてから最後に改めて全体のバランスをとるので、ざっくりと髪っぽい形になっていればOK。

できました。色をつけるとこんな感じになります。

続いて、顔をつくります。

顔はこんな感じの4つのパーツで出来ています。

描き方

1、顔と首をつくる

まず顔と首の形を作ります。

ペンツールで適当にこのような四角を2個作り、下のふたつのアンカーポイントを「非接続」にします。

それぞれのハンドルを画像のように動かし、輪郭や首元っぽくなるように形を整えました。

2、耳をつくる

耳パーツはシンプルな曲線です。

ペンツールで一本の直線を引き、上側を少し曲げただけの形です。反対側の耳も同じように作りました。

3、色をつけて並べる

それぞれのパーツの境界線を消し、塗りつぶしで肌の色をつけます。

いい感じに重ねて出来上がりです。

こうなりました。

耳と同じ要領で口元を作り、頭頂部の部分を重ねるとこんな感じになります。

髪の毛

続いて、髪の毛を作ります。このようなパーツをコピペして重ねてつくりました。

描き方

1、まず直線でざっくりと描く

頭の部分と同じように、まずは直線でざっくりと形を作ります。

とりあえず毛先の房の部分をギザギザにしておけばOK。

2、毛先を整える

前髪のときと同じ要領で、毛先を整えます。

毛先のギザギザの上の部分のアンカーポイントを「非接続」に、先端のほうを「直線」のままにして、ハンドルを画像のように調整しました。

3、真ん中らへんを整える

真ん中のあたりがまっすぐのままだと少し違和感があったので、アンカーポイントを追加してカーブをつけました。

アンカーポイントは、線上をクリックすると簡単に追加できます。

4、色をつける

色をつけて更に形を調整します。

5、コピペして並べる

形が出来上がったら、コピペして並べます。

まずひとつ増やして少し濃い色にして下に重ね、それを更にコピペして反転させました。

これで髪の出来上がりです。

更に重ねるとこのようになります。

ほぼ出来上がりですが、なんか画面が寂しかったので手をつけ加えることにしました。

両手

ダブルピースです。

描き方

手のパーツは楕円を重ねて作りました。

指の部分用に細めの楕円をふたつ、手のひら用の楕円をひとつ、親指用に曲線をひとつ用意します。

曲線を白くして、手っぽくなるように重ねて完成です。

また、これをコピペして反転したら反対側の手も出来上がりです。

全て重ねて、全体のバランスを整えたら完成です。

 

 

今回は本格的にベジエ曲線を使ってイラストを作ってみました。

作業は全てマウスのみで行っています。紙やペイント系のソフトでは全然うまく絵を描けない私ですが、ドロー系のソフトならマウスをポチポチするのみでそこそこの形が作れるのでこちらの方が私は向いている気がします。

今はフリーソフトのGravit Designerを使っていますが、触っててとても楽しいので有料ソフトのAdobe Illustratorも気になってきました。イラレって呼ばれている有名なやつですね、いつか手が出せたらと思います。

初心者の制作過程ながらメイキングをまとめましたが、これが同じくベクターイラスト初心者な方の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました