イラスト

【Gravit Designer】お絵描き初心者、初めてのベクターイラスト

こんにちは、こちらでは今日からイラストの勉強をしていきたいと思います。

というのも、ブログを始めてみていろいろといじり始めたところ、アイコンとかロゴとかを自分で自由に作れたらいいなって思ったんですね。

という訳で、パソコンでのイラスト制作に関しても全くの初心者なので、せっかくだから一から勉強してブログでまとめながら進めていこうと思います。

スポンサーリンク

ベクターイラストとは

まずはベクターとは何か、についてです。

パソコンなどのモニター上で表示される画像の形式には、「ラスター形式」と「ベクタ―形式」というものがあります。伸ばさずにラスタ、ベクタという場合もあります。

簡単に言うと、ラスタ―形式は点の集まりで構成されている画像形式、対してベクター形式は、図形の集まりで構成されている画像形式です。

ラスタ―形式のファイルは主にjpg・png・gifなど。

ベクター形式のファイルはSVG・PDFなどになります。

ラスタ―形式とベクター形式の利点の違い

ベクター形式は細かい描写には向いていないので、写真や繊細な手描きイラストなどは一般的にラスタ―形式の方が使われます。

一方で、ラスタ―形式では画像の拡大や縮小をしたときに画像がぼやてしまうけれど、ベクター形式なら綺麗なまま表示できるという利点があります。そのため、アイコンやロゴなどのようなシンプルな画像や印刷物などの場合にはベクター形式が向いています。

ベクター形式のイラストの描き方

ラスタ―画像とベクター画像ではイラストの構造が全く違うので、描き方も同じようにはいきません。

ベクター形式のイラストを制作する場合は、いわゆるお絵描きのように「紙とペンで絵を描く」というよりは「図形を並べて変形させたり重ねたりしていく」というイメージになります。

身近なものだと、WordやExcel、PowerPointなどの図形ツールがありますね、あれと同じようなものと考えるのが分かりやすいと思います。

使用するソフト

ベクターイラストを扱うには、専用のドローソフトが必要です。

有名なものでAdobe Illustratorというものがあります。おそらく一番有名でよく使われているソフトですが、これを利用するのはそれなりにお金がかかるので素人がふと思い立って手を出すにはちょっと躊躇われます。

そこで、今回は「Gravit Designer」というフリーソフトを利用して勉強していこうと思います。

こちらのソフトはインストール版とブラウザ版があり、ブラウザ版ならアカウント登録をするだけでそのままブラウザ上で使い始めることができます。

最初はこのブラウザ版を利用して進めていきます。

Gravit Designer のHPはこちら → Gravit Designer

Gravit Designerの導入

まずはソフトの準備をしていきます。

と言っても、前述のとおりまずはブラウザ版を利用していくので、手順は簡単です。

公式HPに行くとまずアカウント登録の画面が出てくるので、そちらに従ってアカウントを作りログインをします。

トップページの右上に「Start Now」と「Download」のボタンがあるので、「Start Now」のほうを押します。

すると下の画面が開くので、好きな画像サイズを選んで「作成!」のボタンを押すとイラスト制作の開始です。

初期画面

最初の画面はこんな感じ。

これで早速イラスト制作の開始です。

次から具体的に制作を始めていきます。

 

続きはこちら↓

タイトルとURLをコピーしました